レディー

原因が分かれば引き締まった小顔は簡単に手に入る!

顔の脂肪は落ちにくい

目元を触る女性

すっきりとした小さな顔は、特に女性にとって憧れであると言えます。顔を大きくしてしまう原因というのはいくつかありますが、顔に脂肪が付きやすいことが原因となっていることも多いのです。全体的に太っているというタイプであれば、適度なダイエットである程度顔を小さくすることが可能です。しかし、ダイエットをしても顔の脂肪だけ落ちてくれないという場合や痩せているのに顔だけ脂肪が付いているという悩みを持つ方もいるでしょう。実は、顔に付いた脂肪は比較的落ちにくいと言われており、顔のエクササイズなどを行なってもなかなか改善がみられないということも多いのです。そのため、即効性のある方法を試したいというのであれば、美容外科による小顔治療を行うことをおすすめします。美容外科による小顔治療にはいくつかの種類がありますが、脂肪がついていることが顔を大きくしている原因である場合、脂肪溶解注射か脂肪吸引による施術がおすすめです。脂肪溶解注射は、脂肪細胞を溶かして体外へ排出するための薬剤を顔に注射するという方法です。脂肪細胞を小さくするのではなく、溶解してしまうのでリバウンドすることがありません。施術後に暴飲暴食を繰り返して体重が増加するようなことがあれば再び顔に脂肪が付いてしまう可能性がありますが、そのようなことがなければ効果が持続します。また、脂肪溶解注射と同様に半永久の効果が期待できるのが、顔の脂肪吸引です。特にあごに付いた脂肪や下膨れが気になるという方におすすめで、効果が出るのが早いという特徴があります。脂肪を吸引するためのノズルを挿入する必要があるのですが、とても細いノズルを使用することと耳の後ろなど目立たない部分から挿入することによって傷が目立つ心配はありません。脂肪を吸い取ったあとは肌がたるんでしまうことがないように、しっかりと引き締めを行なってくれる美容整形外科がほとんどですので安心です。どちらも小顔効果が高い施術ですので、医師と相談のうえで好きな方を選ぶとよいでしょう。とにかく傷跡が心配だという方は、注射だけで完了する脂肪溶解注射を試してみるのがおすすめです。はっきりとした効果をすぐに実感したいという方は、脂肪吸引の方が満足できる可能性が高いです。どちらも入院の必要のない手術ですので、手術時間やダウンタイムの有無によってより気軽な方を選ぶというのもよいでしょう。また、理想通りの小顔を早く定着させるためにも、施術後に長風呂や激しいスポーツをする必要がないようにスケジュール調整を行なうことが大切です。